中国株反発は短命に、介入終われば投げ売りも-BOAの崔氏

中国株式相場の反発は短命に終わると米銀バ ンク・オブ・アメリカ(BOA)は予想している。政府が市場介入を続 けようとすれば代償が大き過ぎ、中国経済の減速を踏まえればバリュエ ーション(株価評価)は妥当な水準にないというのが理由だ。

同行の中国株ストラテジスト、崔巍(デービッド・ツイ)氏(シン ガポール在勤)は、「政府が直接介入から手を引きつつあるといったん 感じれば、再び株を投げ売りし始める投資家が多いだろう」と述べた。 魅力的な株価水準になるためには上海総合指数がさらに35%下げる必要 があるとも指摘した。

崔氏は、政府系の中国証券金融が市場での直接的な株式買い入れを 恐らく今後1、2カ月で取りやめるだろうと話した。

原題:China’s Stock Rout to Resume as Intervention Ends, Says BofA (2)(抜粋)