勤労者世帯に光明か、実収入が約5年ぶりの伸び率-7月の家計調査

  • 失業率改善、有効求人倍率も1992年2月以来の水準に上昇
  • 「先行きは消費も回復してくるだろう」と野村・桑原氏は予想

4-6月期の国内総生産(GDP)が3期ぶりのマイナス成長となるなど、足元では弱めもしくは強弱入り混じった経済指標が目立つが、消費の先行きには明るい材料もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。