アジアはアルゴリズムで高収益狙う-独自インデックスに人気

さえないリターンしか得られないの昔ながら のインデックス取引に飽き飽きしてきたら、独自のインデックスを作成 してみるのも一策だ。世界市場が混乱する中でも6%のリターンを上げ られるかもしれない。

伝統的な資産クラスのリターンが低迷する中、アジアではアルゴリ ズムを利用できる独自のインデックスの人気が高まっている。市場分析 会社の英コーリション・デベロップメントによれば、こうした取引によ る証券投資額は金融危機以降で最多となり、昨年は推計で少なくとも前 年比30%増加した。

コーリションの調査分析チーム・ディレクター、エリック・リ氏は 「高収益率の追求が要因だ」と指摘。「従来型の資産クラスの収益率が 極めて低くなると、こうしたアルゴリズムベースのインデックスが増え 始める」と説明した。

市場混乱の中で、アジアで最も人気が高い独自インデックスの1 つ、クレディ・スイス・グループのSPEARダイナミック・アジアの 今月のリターンはプラス5.5%。しかしこうしたインデックスの全てが 好調というわけではない。同行のSPEARダイナミック・グローバ ル・インデックスはマイナス2.5%だった。独自インデックスは通常、 銀行が組むもので、顧客の注文に基づくか、ないしは自前で作成する。

原題:Asia Seeks Algorithms to Beat Turmoil as Designer Indexes Surge(抜粋)