アジア株:MSCI指数、3日続伸-中国のてこ入れ策を好感

  • 日本株などが続伸、米国の4-6月GDP上方修正を好感
  • マレーシア・リンギットは対ドルで上昇、原油相場が10%高を維持

28日のアジア株は3日続伸。新興市場国の通貨も上昇している。中国が株価下支えに動いたことに加え、米国の4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)改定値が上方修正されたことが好感された。

東京時間午前10時7分現在、MSCIアジア太平洋指数は前日比1.5%高。週間ベースでは6週連続で値下がりしたものの、下げ幅は縮小している。

日本株が高い。韓国株も値上がり。オーストラリアのS&P/ASX200指数も上げており、このままいけば週間ベースでも上昇となる。米国のS&P500種株価指数先物やダウ工業株30種平均先物は小動き。

韓国ウォンは対ドルで0.7%高。原油相場の回復を受け、マレーシア・リンギットは17年ぶり安から値を戻して続伸。

原題:Asia Stocks Drive Risk Asset Recovery After China Settles Market(抜粋)