ラクト・ジャパンが東証2部に上場-乳原料やチーズ輸入商社

乳原料やチーズの輸入、卸売りを手掛けるラ クト・ジャパンが28日、東証2部市場に新規株式公開(IPO)した。 初値は公募価格と同じ1400円だった。

同社は1998年5月、東京都台東区浅草橋で、農産物などの輸出入・ 販売を始め、2004年に本社を中央区日本橋に移した。乳原料やチーズ、 食肉加工品などの輸入を主とする卸売り、海外子会社によるチーズの製 造・販売を手掛ける。

同社によると12年のインドネシアなど東南アジアの乳製品の消費量 は02年に比べ約40%増加しており、西洋化が進むアジア市場での事業拡 大を狙う。現地法人はシンガポールを中核にオーストラリア、タイのほ か米国や中国など7カ国。

15年11月期の業績計画は連結売上高が前期比3.4%減の933億円、経 常利益は29%減の11億7400万円。乳原料・チーズや食肉加工品部門で供 給量不足による販売数量の減少を見込むほか、アジア事業で米国産の飲 料メーカー向け乳原料の価格競争力低下などが響く。1株利益は164 円25銭、公募価格ベースの予想PERは8.5倍。上場に際し、公募78万 株、オーバーアロットメントを含む売り出し80万100株を実施。主幹事 は野村証券。