8月27日の欧州マーケットサマリー:株価上昇、週間でもプラス

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1239   1.1314
ドル/円            121.15   119.92
ユーロ/円          136.16   135.68


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   362.27    +12.13    +3.5%
英FT100      6,192.03   +212.83   +3.6%
独DAX      10,315.62   +318.19   +3.2%
仏CAC40     4,658.18   +157.13   +3.5%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .22%        +.01
独国債10年物     .74%        +.04
英国債10年物     1.98%       +.02


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,119.00    -1.75     -.16%
原油 北海ブレント         46.62     +3.48    +8.07%

◎欧州株:上昇、週間ベースの下げ解消-業種別指数は全てプラス

27日の 欧州株式相場は上昇。信頼感が戻ったのを手掛かりに、指 標のストックス欧州600指数は週間ベースの下げを解消し、プラス圏と なった。

ストックス600指数は前日比3.5%高の362.27で取引を終了。前週末 比では0.3%高となった。4-6月(第2四半期)の米実質国内総生産 (GDP)改定値が速報値から上方修正されたことが買い材料。商品相 場の上昇を反映し、業種別指数は全て上昇。英国とドイツ、フランスの 主要株価指数はいずれも3%を超える伸びとなった。

スイスカント・アセット・マネジメント(チューリヒ)のポートフ ォリオマネジャー、ペーター・ブレンドル氏は「米国が先導役となって いる」と発言。最近の「欧州株式市場では最近の下落で値ごろ感が台頭 した。経済状況は改善しており、これが企業を支え、業績も良くなって きた」と続けた。

個別銘柄では、フランスのブイグが5%上昇。電話事業の通期利益 目標を上方修正した。独医療サービスのフレゼニウスは6.2%値上が り。通期配当を少なくとも20%引き上げる見通しを明らかにした。

原題:European Stocks Erase Weekly Declines, Joining Global Advance(抜粋)

◎欧州債:独10年債利回り上昇、インフレ期待低下で低水準続くと予想

27日の欧州債市場ではドイツ10年債利回りが上昇したものの、依然 1%を下回っている。1年前に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は 米ワイオミング州ジャクソンホールでのシンポジウムで、量的緩和 (QE)実施を示唆。当時はこれがインフレ押し上げを目指すECBの 闘いに転機をもたらすはずだった。

ドラギ総裁が当時計算に入れていなかったのは商品価格の急落だ。 これが長期的なインフレ期待を低下させ、1年前よりもさらに低い水準 に抑え込んでいる。

インフレ期待の指標としてドラギ総裁が重視する5年先スタートの インフレスワップ5年物フォワードレートは、昨年8月当時よりも低下 している。同総裁発言が道を開いたECBの国債購入プログラムは、今 年3月に1兆1000億ユーロ規模で開始。これが政府債の支援材料とな り、アナリストはQE開始から1年後の時点でもドイツ10年債利回りは 1%を下回っていると予想する。

ラボバンク・インターナショナルのシニア市場エコノミスト、エル ウィン・デフロート氏(ユトレヒト在勤)は「最近の相場動向から判断 して、インフレ期待がさらに低下し、利回りを一段と押し下げる圧力が かかるだろう」と発言。「当時インフレ期待が懸念されるようになった 最大の理由は、現在インフレ期待が低下している理由と実際同じもの だ。つまり商品価格の急激な低下だ。現在の状況は当時とさほど変わら ない」と続けた。

ロンドン時間午後4時10分現在、ドイツ10年債利回りは前日比3ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.74%。同国債(表面 利率1%、2025年8月償還)価格は0.325下げ102.51。

利回りは6月10日に年初来の最高となる1.06%に達した。その後の 中国経済減速と商品安がデフレリスクを再燃させ、ECBに追加刺激を 迫るとの観測が広がり、利回りは下げた。

ブルームバーグがまとめたアナリスト調査の中央値によれば、独10 年債利回りは年末が0.9%で、来年3月末までに1.01%に上昇するとみ られている。

今年のジャクソンホールでは、コンスタンシオECB副総裁が29日 に講演する。イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長は参加しな い。

原題:Slowflation Makes a Mockery of Draghi’s Jackson Hole Anniversary(抜粋)