アイカーン氏、米資源会社フリーポート・マクモランの株取得

更新日時

米資産家カール・アイカーン氏は27日、米資 源会社フリーポート・マクモランの株式を取得したことを明らかにし た。同社は数十億ドル規模のコスト削減策を打ち出したものの、アクテ ィビスト(物言う株主)として知られる同氏を満足させるには不十分な 可能性がある。

米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、同氏はフリーポ ート株の約8.5%を取得。取締役のポスト割り当てを求める可能性があ り、高コストの生産事業の縮小や設備投資、幹部報酬の慣行、資本構造 などについて同社と協議する意向。

届け出はニューヨーク市場の通常取引終了後に公表された。フリー ポート株は時間外取引で一段高となり、現地時間27日午後5時23分(日 本時間28日午前6時23分)時点で終値比19%高の12.15ドル。同社は一 部鉱山事業の生産縮小と米国内での人員削減、来年の設備投資目標を56 億ドルから40億ドル(約4840億円)に引き下げる計画を発表。これを好 感して通常取引は29%高で引けていた。

フリーポートは27日、アイカーン氏(79)の届け出公表の直後に電 子メールで送付した発表資料で、「株主との開かれた対話を継続し、株 主価値の向上という共通の目標に向けて建設的な意見を歓迎する」と表 明した。

ブルームバーグは電話と電子メールでさらなるコメントを求めた が、今のところ同社の広報担当エリック・キニバーグ氏からの返答はな い。同社のスポークスマンを務める広報会社ブランズウィック・グルー プのダレン・マクダーモット氏は27日の発表資料の内容以上には言及し なかった。

原題:Icahn Amasses New Activist Stake in Freeport-McMoRan (2) (抜粋)

--取材協力:Juan Pablo Spinetto.