フィデリティ、アメックスとBOAとのカード提携解消を検討-関係者

  • ビザとマスターカードがフィデリティとの提携目指す-関係者
  • フィデリティのアメックス提携カードは米で高評価-2%現金還元で

米フィデリティ・インベストメンツは米国で高い評価を得ている同社のキャッシュバック(現金還元)特典付きクレジットカードについて、アメリカン・エキスプレス(アメックス)およびバンク・オブ・アメリカ(BOA)との提携を解消することを検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。条件の改善を目指して新たな提携先を探しているという。

  関係者らによれば、現在ビザマスターカードがフィデリティと交渉している。関係者らは、交渉が非公開だとして匿名を条件に語った。フィデリティはアメックスと6年余り提携し顧客を増やしてきた。アメックスはコストコ・ホールセールやジェットブルー・エアウェイズとの提携が終了する予定で、フィデリティとの提携も失えば、他の銀行を発行会社としてアメックスが決済処理を担当するという重要な成長分野に影響が及ぶことになる。

  発行会社であるBOAも、他の会社に取って代わられる可能性があると関係者らは語った。交渉は流動的で、決裂する可能性もあり、そうなれば現在の提携がそのまま維持されるという。

  対象のカード「フィデリティ・インベストメント・リワーズ・アメリカン・エキスプレス」では、顧客は利用額全体の2%が還元され、フィデリティの証券口座などに振り向けることができる。

  フィデリティ、アメックス、BOA、ビザ、マスターカードの広報担当は交渉についてのコメントを控えた。

原題:Fidelity Said to Weigh Dropping AmEx, BofA as Card Partners (1)(抜粋)

Trashline: (Updates with analyst's comment in the fourth paragraph.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE