ゴールドマンがITで数百人採用へ-世界的にテクノロジー強化

米ゴールドマン・サックス・グループは情報 科学(IT)分野の従業員数百人をポーランドで採用する。業務におけ るITの重要性の高まりに対応する。

「今後3年をかけて段階的に拡大する」とフランクフルト在勤の広 報担当者、アディブ・シサニ氏が27日述べた。

ゴールドマンの発表資料によると、採用した人員は主に投資銀行と 証券事業を支援し、異なる時間帯の間での業務プロセス引き継ぎをスム ースにする。

ゴールドマンはリテール業務にはほとんど参入していないが、オン ライン融資や新興のハイテク企業との提携などでデジタルな金融サービ ス分野に進出したい考えだ。

ロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は6月に、 「われわれはハイテク企業だ。われわれはプラットフォームだ」とブル ームバーグとのテレビインタビューで語っていた。日々の業務に加えて コンプライアンス(法令順守)やリスク管理などのプロセスのために金 融サービス企業にはテクノロジーが必要だと述べていた。

ポーランドは雇用コストの低さや優遇税制、IT専攻の大卒者の多 さなどで欧州の金融機関のITハブとして成長しつつある。スイスの UBSグループも後方支援部門を同国に置いている。

原題:Goldman to Add Several Hundred IT Jobs in Global Tech Push (1)(抜粋)