NY外為:ドルが3日続伸、米失業保険とGDPで景気見通し改善

更新日時

27日のニューヨーク外国為替市場ではドルが3日続伸。ドル指数は1週間ぶり高水準となった。米国内総生産(GDP)と失業保険統計が米景気に対する楽観を強めたため、ドル買いが続いた。

  株価の上昇もドル買いを誘った。第2四半期のGDP改定値は前期比3.7%増と、前月発表された速報値の2.3%増から上方修正され、ブルームバーグが実施したエコノミスト調査での全ての予想を上回った。先週の米週間新規失業保険申請件数は3週間ぶり低水準に減少した。

  オッペンハイマーファンズのグローバル・マルチアセット・グループのマネーマネジャー、アレッシオ・デロンジス氏は「米国のデータは経済が堅調に推移していることを裏付けている」と述べ、ドルが対ユーロで年末までに1ユーロ=1.05ドルに上昇するとの見通しを示した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルはユーロに対して前日比0.6%高の1ユーロ=1.1246ドル。対円では0.9%上昇して1ドル=121円03銭。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇の1205.59。

  ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツの上席為替トレーダー、スティーブン・ケイシー氏(ニューヨーク在勤)はドルの支援材料として「さまざまな明るいデータが出た。私はなおドル高基調が続くと予想している」と述べた。

  引き締め開始後の実効フェデラルファンド(FF)金利が平均0.375%になるとの仮定を基にすると、9月の次回連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが決定される確率は28%として金利先物市場は織り込んでいる。26日の24%からは上昇したものの、18日の48%を下回っている。

カンザスシティー連銀総裁

  カンザスシティー連銀のジョージ総裁は、 市場でのボラティリティ(変動性)の高まりが米経済に影響を及ぼすかどうか判断するには時期尚早だと指摘。FOMCはいずれの会合でも利上げ開始を決定することができるとの認識も示した。

  ジョージ総裁は「現時点では経済動向をめぐる私自身の判断を変えるようなものは見当たらない」と発言。27日夜から同連銀主催の年次シンポジウムが始まるワイオミング州ジャクソンホールでブルームバーグとのインタビューに応じた。FOMCについては「私はこれまで、利上げを検討する余地があると考えていたが、われわれは委員会の出席者の考えがどのようなものであるか、様子を見ることになるだろう」と話した。

  シリコン・バレー・バンクのシニア外為トレーダー、ジョー・オリアリー氏は過去2週間の世界的な株安を受けて金融市場で不透明感が強まったため、ドルの上値は限定的だったと指摘。「通常の状況だとドルはもっと大きく上昇していただろうが、市場参加者は現在かなり慎重になっている」と述べた。GDPについては「いずれFOMCにとって利上げの根拠になるだろうが、9月に利上げを実施するにはボラティリティがまだ高過ぎる」と指摘した。

  22日終了週の新規失業保険申請件数は前週比6000件減少して27万1000件だった。

  ABNアムロの通貨ストラテジスト、ジョルジェット・ブーレ氏はGDP統計について、「非常に良好な数字で、特にセンチメントが良い状態が続くなら、明らかにドル買い材料だ」と電子メールで指摘した。

関連ニュースと情報:
トップストーリー:TOP JK
海外トップニュースの日本語画面: TOP JI
外為のトップニュース: TOP FX
アナリスト推奨: NI ANAFX
為替のコメント: NI FXVOICE

原題:Dollar Gains as U.S. Growth and Jobs Data Boost Economic Outlook(抜粋)

(第3段落と第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE