ゴールドマン・サックスの偽物が出現-ブランド模造ここまで

国内で映画やブランド物のバッグ、ロレック スの腕時計から車までが模造され、販売されていることで中国は批判を 浴びてきた。この模造品リストにゴールドマン・サックスが加わった。

ゴールドマン・サックス(深圳)ファイナンシャル・リーシングと いう会社が、香港からすぐ近くの深圳で営業している。英語でも中国語 でも米ゴールドマン・サックス・グループとほぼそっくりの名前だ。ウ ェブサイトによると、同社は深圳で最大級の金融リース会社。

電話に出た受付の女性は自分の名前は言わず、米国のゴールドマン とは関係がないと述べた。社名の由来は語らず、深圳が付いていると強 調した。社名について質問を受けたのは初めてだという。

深圳市当局への届け出によれば、同社は2013年5月から営業してい る。同社の社名の中国語表記は米ゴールドマンと同じ「高盛」だ。英語 で書くときの書体も米社に似ている。

米ゴールドマンの広報担当コニー・リン氏(香港在勤)は、同社が 深圳のゴールドマンとは無関係であることを確認した。米社はこれにつ いて調査中だという。

深圳のゴールドマンについては、中国政府の汚職撲滅運動を主導す る共産党中央規律検査委員会の王岐山書記への米国のカジノ従業員団体 からの書簡で明らかになった。

法律事務所ピンセント・メーソンズのパートナー、ポール・ハスウ ェル氏(香港在勤)によれば、中国の個人や団体が海外の既存の有名ブ ランドの名前を中国で登録するケースはこれまでに多数ある。過去の例 を見ると、ゴールドマンが深圳の「ドッペルゲンガー」を消滅させられ る望みはあまりない。

原題:Heard of China’s Fake Rolexes? Now There’s a Fake Goldman Sachs(抜粋)

--取材協力:Keith Zhai.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE