中国株:上海総合指数、反発-政府系ファンド購入再開の観測

更新日時

27日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が 6営業日ぶりに反発した。政府系ファンドが購入を再開したとの観測が 広がった。

上海総合指数は前日比5.3%高の3083.59で終了。引け際に急伸し た。同指数の構成銘柄中、値上がりと値下がりの比率は約13対1。金融 株は1カ月ぶりの大きな値上がり。上海総合指数の前日まで5営業日の 下げ率は23%と、1996年以来最大となっていた。

中原証券の張剛ストラテジスト(上海在勤)は「銀行株や保険株な どウエートの重い銘柄が指数を押し上げた。中国証券金融が株価てこ入 れに向けて再び市場介入している可能性がある」と述べた。

CSI指数は5.95%高。金融株と工業株の指数が共に上昇した。中 国工商銀行(601398 CH)は4.7%高、中国銀行(601988 CH)は6.3% 高。両銘柄とも7月初め以来の大幅な上げとなった。

香港市場では、中国本土企業で構成されるハンセン中国企業株(H 株)指数が4.6%高で引け、10営業日ぶりに上昇に転じた。ハンセン指 数は3.6%高。前日は約2年ぶり安値だった。

原題:China’s Stocks Surge in Late Trading to Halt Five-Day Plunge(抜粋)

--取材協力:Amanda Wang.