NY外為:ドルが続伸、米耐久財増加で米経済の先行きを楽観

更新日時

26日のニューヨーク外国為替市場ではドルが 続伸。対ユーロでは5カ月ぶりの大幅高となった。7月の米耐久財受注 額が予想を上回ったため、経済成長見通しが明るくなった。

ドルは主要通貨の大半に対して上昇。アジアや欧州の株価が下げた ものの、米国株が上げたことが背景にある。ニューヨーク連銀のダドリ ー総裁が世界的な株式市場混乱を理由に、9月に利上げを決定する論拠 がやや弱くなってきたと述べると、ドルは伸び悩んだが、その後に再び 上昇した。

USバンク・ウェルス・マネジメント(ミネアポリス)の債券調査 責任者、ジェニファー・ヴェイル氏はドルについて、「強くなると考え ている。しかし、利上げ開始の時期がもっと明確になるまで上値は限定 的だろう」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルはユーロに対して前日 比1.8%高の1ユーロ=1.1314ドル。対円では0.9%上昇して1ドル =119円92銭。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.7%上昇 の1202.94。

7月の米製造業耐久財受注では、航空機を除く非国防資本財(コア 資本財)の受注がここ1年余りで最大の伸びとなった。耐久財受注全体 では2%増。

クレディ・スイス・グループの外為ストラテジスト、マット・ダー 氏(ニューヨーク在勤)は電子メールで、「耐久財は予想外に良く、米 国のデータが底堅いことを引き続き示唆している」と述べた。

利上げ確率

9月の次回連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが決定される 確率は24%として金利先物市場は織り込んでいる。18日は48%だった。 これは引き締め開始後の実効フェデラルファンド(FF)金利が平 均0.375%になるとの仮定が基になっている。

中国人民銀行が11日に人民元を事実上切り下げて以来、世界の株式 市場では約8兆ドルの時価総額が吹き飛んだ。通貨のボラティリティを 示す指標は25日に2月以来の高水準を付けた。

欧州中央銀行(ECB)のプラート理事の発言もユーロ売りを誘っ た。同理事はインフレ見通しが悪化しているのであれば、債券購入プロ グラムを拡大または延長する用意があると言明した。

さらに「世界経済と商品市場における最近の展開は、インフレ率が 2%に向けて持続的に上昇するというシナリオに対する下振れリスクを 高めた」と分析した。

原題:Dollar Gains by Most in Five Months Against Euro as Stocks Surge(抜粋)

--取材協力:Eshe Nelson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE