NY連銀総裁:9月利上げの論拠は弱くなった、世界株安で

更新日時

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は26日、世 界的な株式市場混乱を理由に、9月に利上げを決定する論拠がやや弱く なってきたと述べた。ただ、短期的な動向に過剰反応しないことが肝要 だと注意を促した。

同総裁はニューヨーク連銀で記者会見し、「現時点での私の考えで は、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で正常化のプロセス開始を 決定する論拠は数週間前に比べやや弱くなっているようだ」と語った。

一方、「米経済情勢に加え、国際・金融市場の動向に関する情報が もっと手に入るため、FOMC会合までに正常化への論拠が強まる可能 性もある」と付け加えた。

ダドリー総裁はまた、「私はFOMCが年内に利上げできるように なることを強く望んでいる」と言明。利上げは「米経済の先行き見通し が良好で、われわれが連銀法の定める2大責務達成に向けた軌道の上を 進んでいることを示すからだ」と述べた。

世界の景気減速から米国を保護するため再び債券購入を強いられる のではないかとの憶測に対しては、「現時点では量的緩和の議論からは 程遠い」と明言した。

ダドリー総裁は市場のボラティリティが米経済に及ぼし得る重要な 経路の一つとして資産効果を挙げ、株式市場で損失が出れば米国民が支 出を抑制する可能性があると語った。

別の経路としてはインフレへの影響を指摘。「注目せざる得ないの は、米国に輸入する物価やサービス価格のこのような混乱が何を意味す るかであり、インフレ見通しにどのように影響するかだ」と述べた。

原題:Fed’s Dudley Says Case for September Liftoff Less Compelling (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE