香港の南洋商業銀行売却、応札は中国信達資産のみ-関係者

中国銀行(香港)が売却を目指す香港の南洋 商業銀行に25日の期限までに応札したのは中国信達資産管理だけだっ た。事情に詳しい関係者が明らかにした。中国経済が冷え込みつつある 中で、同行買収への関心は低いという。

信達資産は今後、中国銀行(香港)と最終的な交渉が控えていると 関係者は説明。交渉は非公開だとして関係者の1人が匿名を条件に述べ たところによれば、信達資産が提示した金額は、最低落札価格であ る680億香港ドル(約1兆500億円)近辺。

ブルームバーグがまとめたデータによると、シンガポールのDBS グループ・ホールディングスが2001年に道亨銀行を54億米ドル(現行レ ートで約6500億円)で買収しており、香港の銀行買収額としてはこれを 上回り、これまでで最大規模となる。

中国銀行(香港)は電子メールでコメントを控えた。信達資産もコ メントを控えている。信達資産は中国国有銀行の不良資産受け皿会社と して1999年に設立された。

原題:Cinda Said to Near $8.8 Billion Bank Deal as Rivals Drop Out (1)(抜粋)

--取材協力:Alfred Liu、Zhang Dingmin.