NY原油(25日):大幅反発、リスク回避の動きが後退

25日のニューヨーク原油市場でウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)先物は大幅反発。前日は中国 の需要が落ち込むとも不安から売りを浴びたが、この日は中国の利下げ を受けてリスク回避の動きが後退し、株式や新興市場国通貨、他の商品 全般とともに反発した。

コンフルエンス・インベストメント・マネジメント(セントルイ ス)の市場担当チーフストラテジスト、ビル・オグレイディ氏は「市場 は弱気なニュースで溢れるほどだったが、行き過ぎた値動きだったた め、調整は必至だった」と指摘。「ここから数カ月の底が形成されたと しても驚かない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日 比1.07ドル(2.80%)高い1バレル=39.31ドルで終了。前日は2009年3 2月以来の安値で引けていた。

原題:Oil Rises From Six-Year Low as Markets Recover From China Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE