中国人民銀、オペ通じ半年で最大の資金供給-約2兆8000億円

更新日時

中国人民銀行(中央銀行)は25日、公開市場 操作(オペ)を通じて6カ月で最大の資金供給を実施したほか、財政省 預金入札ではここ5年で最も低い金利を提示した。人民元買い介入で市 場の資金が細っていることに対応した。

人民銀は1500億元(約2兆8000億円)規模の7日物リバースレポ入 札を実施した。人民銀がウェブサイトで発表した。同日期限を迎える資 金は1200億元であるため、300億元の純供給となる。

人民銀はまた600億元規模の3カ月物財政省預金入札を金利3%で 行った。ブルームバーグのデータによれば、少なくとも2010年以降で最 も低い金利。

銀行間資金の取引センターNIFCによる加重平均によれば、翌日 物レポ金利は上海時間午後4時35分(日本時間同5時35分)現在、1ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.86%と4カ月ぶり高 水準。7日物金利も1bp上昇し2.55%となっている。

(更新前の記事で見出しと1段落目を訂正しています)

原題:PBOC Injects $23.4 Billion as Yuan Intervention Drains Funds(抜粋)