NY外為:ドル反発、中国利下げでリスク資産に買いが戻る

更新日時

25日のニューヨーク外国為替市場ではドルが 5日ぶりに上昇。中国が利下げを発表し、世界的に株価が上昇したため ドルに買いが戻った。

市場の混乱時の逃避先とみなされるスイス・フランやユーロ、円に 対してドルは特に上昇した。24日に円相場が7カ月ぶり高値に上昇した 動きについて麻生財務相が「荒い」と発言すると、円は軟化した。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジのチーフ市場アナリ スト、オマー・エシナー氏は「この日は昨日と対称的な展開だ。世界市 場の安定で米国の年内利上げ観測が強まり、ドルの支援材料となってい る」と述べた。

ニューヨーク時間午後1時28分現在、ドルは対円で前日比1%上昇 して1ドル=119円59銭。前日には1月16日以来の安値となる116円18銭 まで下げた。この日のドルはユーロに対して前日比1.5%高の1ユーロ =1.1445ドル。

原題:Dollar Surges as China Rate Cut Tempts Traders Into Risky Assets(抜粋)

--取材協力:Netty Ismail、Kevin Buckland.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE