ホテルオークラ建て替え、海外から「壊さないで」-複合高層ビル

更新日時

オバマ大統領をはじめ歴代の米大統領や国 賓、世界の要人をもてなしてきたホテルオークラ東京。切子を玉型にし た吊り灯「オークラ・ランタン」が淡い光を放ち、窓には大きな格子を あしらうなど本館ロビーの随所に和の意匠が見られる。

しかし、この本館は建て替え工事のため31日で閉館。ホテルだけで なく、企業に貸し出すオフィスフロアも併設した高さ195メートルの高 層ビルなどに生まれ変わる。

「日本モダニズムの傑作」と評される本館を取り壊しから救おう と、ライフスタイル誌の英モノクルは「ファイナル・チェックアウト」 と称した嘆願サイトを開設。イタリアのファッションブランド、ボッテ ガヴェネタも記録に残すため写真共有サイトのインスタグラムに投稿を 呼び掛けている。

同ホテル広報担当の鈴木隆太郎氏は電子メールで、「日本のみなら ず海外のお客様から惜しむ声をこれほどまでにいただいていることに心 から感謝申し上げたい」と述べた。建て替えについては、1962年の開業 から半世紀以上で老朽化し、「日本のトップホテルにふさわしい快適な 時間と空間を提供し続けることが難しくなった」と説明する。

64年東京五輪をにらみ開業したホテル群は建て替え期を迎え、新装 オープンしたパレスホテル東京や東京ヒルトンホテル(現キャピトル東 急ホテル)に続き、オークラ本館も建て替え、19年の再開業を目指す。 いずれもホテル以外にオフィスも入居する高層複合ビルだ。米不動産サ ービスのジョーンズラングラサール(JLL)の沢柳知彦執行役員は、 収益安定に向け「オフィス部分が増えるのは世の定め」と話す。

有効活用

昨年5月の建て替え発表を受け、ホテルオークラの荻田敏宏社長は 同年7月のインタビューで、老朽化に加え07~08年の世界金融危機が建 て替え決断の契機になったと話していた。09年度に赤字転落し、グルー プ最大の収益源のオークラ東京の強化を検討。「法定容積率の約半分し か使っておらず、有効活用すれば改善余地がある」と考えたという。

地上11階建ての本館は41階建ての高層棟と16階建ての中層棟に建て 替えられる。中層棟は全てホテルだが、高層棟はホテルのほか、8~25 階がオフィスフロアとなる予定。客室は408室から510室に増やす。

新国立競技場問題のように建築費高騰はホテル建設にものしかか る。JLLの沢柳氏は、ホテルの場合「各部屋ごとにバスルームなどオ フィスに比べ内装を作り込む必要があり、建築費上昇の影響はより大き い」と話す。外国人観光客増で「ホテルのキャッシュフローは強くなっ ているが、オフィスを上回るまでには至っていない」とし、同じ開発案 件なら「ホテルより儲かるオフィスになりがちだ」という。

16年夏の再開業に向け、建て替え中の旧赤坂プリンスホテルも、商 業施設を含むオフィス・ホテル棟と住宅棟で構成される複合型施設にな り、客室数は従来の700室以上から250室に減る。

日本は安い?

円安や東南アジア諸国向けのビザ発給緩和、格安航空(LCC)の 乗り入れなどで、1-7月の訪日外国人客数は1105万人となり、昨年よ り3カ月も早く1000万人を突破。STRグローバルとJLLによると、 6月の東京の高級ホテル稼働率は83.3%と、1年前の80.4%を上回っ た。平均客室単価も前年同月比で約11%上昇、約3万1000円となった。

それでも「日本のホテルは安い」と、ホテルファンドを2本組成し たスパークスの阿部修平社長は話す。マンダリンオリエンタルホテル で25日に1泊した場合、東京の客室料は6万7000円(約560ドル)に対 し、ニューヨーク795ドル(約9万5000円)、ロンドン798ポンド(約15 万1000円)、パリ975ユーロ(約13万5000円)だ。

同氏は20年に及ぶデフレの結果、「日本は品質が高いのに値段が安 い。モノの価値の感覚が大幅にずれている」と語る。

オークラ・ファン

ホテル・オークラによると、本館建て替え前に国内外の顧客が宿泊 するケースもあったという。建て替え後も日本の伝統美を継承する方針 で、設計チームには現本館を設計した谷口吉郎氏の長男で建築家の谷口 吉生氏を起用した。

しかし、海外のオークラ・ファンは取り壊しを惜しんでいる。ソウ ル在勤のドイツ銀行のアンドリュー・リンジー氏もその1人。同氏は過 去1年に2度来日し、フェイスブック上の「セーブ・ジ・オークラ」 (オークラを救え)に投稿するため写真を撮った。「完璧なミッドセン チュリーの日本風モダン建築なのに」という。

モノクル誌のタイラー・ブリュレ編集長は、「ロビーの優雅さや低 層階のショッピング街、着物姿のアテンダントに風格のあるオーキッド バー。その全てが素晴らしい」と絶賛する。

リンジー氏は言う。「このような再開発はここ何年も続いており、 現代社会の現実だ」

--取材協力:桑子かつ代.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE