中国中銀、株安阻止に動く-一段の行動求める圧力はやまず

中国人民銀行(中央銀行)の仕事はまだ終わ っていない。昨年11月以降で5回目の利下げに踏み切った後も、1996年 以降最悪の株式相場下落の中で経済の下支えを中銀に求める圧力は去ら ない。

HSBCホールディングスのアジア経済調査共同責任者のフレデリ ック・ニューマン氏は「過度の悲観を払拭(ふっしょく)するためのサ ーキットブレーカー(取引停止措置)が必要だった」とした上で、「こ の日の措置は必要なものだったが、今後数週間や数カ月に追加の支援措 置が必要になろう」と話した。

人民銀は政策金利である1年物貸出基準金利を0.25ポイント引き下 げて4.6%にし、市中銀行の預金準備率も0.5ポイント引き下げると発表 した。中銀の追加緩和策を受けて、世界の株式相場は上昇した。米S& P500種株価指数は下落で終了したが、一時2.9%高となった。中国中銀 は人民元切り下げから2週間後、世界的な経済成長をめぐる懸念が高ま る中で追加緩和に動いた。

INGグループのアジア調査責任者、ティム・コンドン氏は「中国 経済の顕著な成長鈍化をめぐる投資家の不安を軽減する前向きな展開 だ。世界の市場への感染も抑えるだろう」と語った。

AMPキャピタル・インベスターズ(シドニー)の投資戦略責任 者、シェーン・オリバー氏らは政策金利と預金準備率の一段の引き下げ を予想している。同氏は1年物貸出基準金利が年末までに4%に下がる との予測を示し、「中国の金融政策は引き締め過ぎだ。金利と預金準備 率の両方の追加引き下げが必要になろう」と話した。

原題:Zhou Serving as Circuit Breaker Under Pressure to Ease More (2)(抜粋)

--取材協力:Enda Curran.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE