BOA中心に銀行株が上昇、アナリストによる投資判断引き上げで

  • JPモルガンやモルガン・スタンレーはアナリスト推奨で上昇
  • マヨ氏、JPモルガンはレブロン・ジェームズ選手のよう

  25日の米国株式市場ではバンク・オブ・アメリカ(BOA)を中心に銀行株が上昇した。アナリストによる株式投資判断の引き上げが買い材料。前日までの1週間で同銀の株価は14%下落していた。

  S&P500種株価指数のうち88銘柄で構成される金融株指数が上昇。BOAのほかにもJPモルガン・チェースが値上がりした。CLSAによる株式投資判断引き上げが手掛かりだった。

  サンフォード・C・バーンスティーンのジョン・マクドナルド、グラント・ダビノ両氏は25日のリポートで、「BOAには頼れる手段が複数あると当社はみている」と述べた。BOAの株式投資判断はさらなるコスト削減の機会と十分な資本水準さらに、「堅調な」米国経済を材料にホールドから買いに引き上げられた。
  
  またCLSAのアナリスト、マイク・マヨ氏とクリス・スパー氏は「バスケットボールのレブロン・ジ ェームズ選手のように、JPモルガンは攻撃と防御の両方に長けている」と指摘した。

  またバッキンガム・リサーチ・グループがモルガン・スタンレーの株式投資判断をホールドから買いに引き上げたことが好感されてモルガン・スタンレーの株価も上昇した。
  

原題:BofA Leads Bank Stocks Higher After Analysts Upgrade Shares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE