ECBは追加措置の用意、インフレ見通しにリスクなら-副総裁

更新日時

欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副 総裁は25日、インフレ見通しに対する大きなリスクがあればECBは追 加措置を取ると言明した。

コンスタンシオ副総裁はドイツのマンハイムで、「民間と公的セク ターの債券購入プログラムを、発表通りに完全実施することにより、イ ンフレ率はわれわれが物価安定と定義する水準に向けて持続的に回復す ると確信している」とした上で、「政策委員会は常にそうだが、物価安 定見通しの重大な変化に対応するため責務の範囲内で利用可能なあらゆ る手段を活用する用意がある」と述べた。

再燃した原油相場下落と中国の人民元切り下げがユーロ圏のインフ レ率への下押し圧力を増している。コンスタンシオ副総裁は中国に起因 するディスインフレは「主要な要素ではない」とし、原油相場の下落の 方が影響が大きいとの認識をした。

同副総裁はまた、月600億ユーロ(約8兆2600億円)相当の債券を を購入するECBの量的緩和(QE)プログラムは「オープンエンド」 だと述べた。ECBは一応、2016年9月をQE終了時期の目安として挙 げている。

原題:Constancio Says ECB Will Act If Material Risk to Prices Seen (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE