台湾株:加権指数が反発、株価支援策を好感-TSMC高い

25日の台湾株式相場は上昇。指標の加権指数 が2011年12月以来の大幅高となった。台湾当局は4年ぶりに金融安定化 基金を活用し、株式に最大5000億台湾ドル(約1兆8300億円)を投じる と発表した。

加権指数は前日比3.6%高の7675.64で終了。午後に入り当局の発表 を受けて上げ幅を拡大した。構成銘柄で最もウエートの高い台湾積体電 路製造(TSMC)は7.4%高と、この20年で最大の値上がり。

原題:Taiwan’s Stocks Jump as Rescue Fund Sees First Action Since 2011(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE