香港オフショア人民元、反発-前日の下げは行き過ぎとの見方

更新日時

香港オフショア市場の人民元は25日、対ドル でここ1週間余りで最も大きく上げた。中国当局の口先介入に加え、前 日の下げは行き過ぎとの見方が一部トレーダーの間に広がった。

中国国家発展改革委員会(発改委)は24日の声明で、中国における 現在のファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)は健全であり、年後 半に安定成長を維持し、主要な経済目標を達成することは可能だとの認 識を示した。

ブルームバーグの集計データによれば、香港オフショア人民元は現 地時間午後4時40分(日本時間同5時40分)現在、前日比0.6%高の1 ドル=6.4601元。中国外国為替取引システム(CFETS)によると、 上海市場の人民元は0.12%安の6.4124元で取引を終えた。

中国人民銀行(中央銀行)は25日、元の中心レートを前日か ら0.2%元安方向の1ドル=6.3987元に設定。13日以来最大の引き下げ だった。

原題:Offshore Yuan Rebounds as Drop Seen Overdone, China Backs Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE