中国株:上海総合指数、4日続落-8カ月ぶりの3000割れ

更新日時

25日の中国株式相場は下落。上海総合指数が 4営業日続落し、4日間の下げは1996年以来最大となった。政府が株価 下支えを断念しつつあるとの懸念が広がった。

上海総合指数は前日比7.6%安の2964.97で終了。8カ月ぶりの3000 割れとなった。同指数はこの4営業日で22%下げている。構成銘柄中、 ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)など700余りの銘柄が10%の値 幅制限いっぱいの値下がり。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「パニック売りの状態 で、これは信頼感の問題だ」と指摘。「世界的な株売りが今では至ると ころに波及しており、政府は市場救済に向けて再度の介入は行わないだ ろう。介入しても今回はうまくいきそうにない」と述べた。

上海総合指数の1日の下落率が6%を上回るのはこの3カ月で7回 目。CSI300指数は7.1%安で引けた。

香港市場ではハンセン指数が前日比0.7%高と反発。中国本土企業 で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数は0.9%下げて、2014年 3月以来の安値で引けた。

原題:Chinese Stocks Crash Again to Extend Biggest Plunge Since 1996(抜粋)

--取材協力:Helen Yuan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE