原油価格下落で米LNG輸出の見通し暗く-米BOA

原油価格下落により、近く始まる予定の米国 による液化天然ガス(LNG)輸出の見通しが暗くなっているとの見方 を、米バンク・オブ・アメリカ(BOA)が24日、顧客向けリポートで 示した。

BOAのアナリスト、マックス・デネリー氏はリポートで、原油相 場下落により原油価格に連動するアジアと欧州のLNG契約価格が低下 し、米国と世界のLNG価格差が縮小していると指摘した。ロンドン市 場の原油価格は今年に入って25%下げ、24日には2009年以来の1バレル =45ドル割れとなった。一方、米国のガス価格はこの間に8.3%下げて いる。

米シェニエール・エナジーはルイジアナ州で建設のLNG輸出ター ミナルから年末までに輸出を開始する予定。開始されれば本土48州では 初のLNG輸出となる。オーストラリアでLNGターミナルの新設が相 次ぎ世界の供給が過剰となる中、北米産LNGが市場に供給されること になる。

デネリー氏はリポートで「米国の余剰液化能力が、LNGスポット 市場で継続している供給過剰を悪化させる可能性がある」と指摘。「長 期的に見て、世界のLNG価格にとって重要な問題は、今後豪州と米国 から増加する供給に見合うだけの需要があるかどうかということだ」と 述べた。

原題:BofA Says Collapsing Oil Drags U.S. LNG Exports Down With It (1)(抜粋)