南北協議合意:北は「準戦時状態」解除-韓国は宣伝放送中止へ

更新日時

23日に始まった南北高官協議は長時間にわた る交渉の末、北朝鮮が「準戦時状態」を解除することで合意した。一 方、韓国は軍事境界線付近での北朝鮮向け宣伝放送を中止する。交渉難 航で24日の韓国金融市場は混乱に陥っていた。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は同国と韓国の協議が合意 に達して終了したと25日早朝に伝えた。これに先立ち、韓国の金寛鎮 (キム・グァンジン)国家安全保障室長は同様の内容を会見で発表し た。

両国は朝鮮戦争で生き別れた離散家族の再会事業復活を目指す。北 朝鮮はまた、韓国軍兵士2人が今月4日に軍事境界線を挟む非武装地帯 で地雷爆発で重傷を負ったことについて遺憾の意を表明した。

ソウルの北韓大学院大学の梁茂進(ヤン・ムジン)教授は電話イン タビューで、「大きな危機を脱した。双方が相手側から圧力を受けて譲 歩した。緊張から交渉へとムードが変わった」と説明した。

金国家安保室長は、近く平壌かソウルで政府間協議を行うと述べ た。また宣伝放送を25日正午に中止するとした。

板門店で行われた南北協議は43時間余りに及び、その間に両国は軍 の動きを活発化させた。

24日の韓国金融市場は一段と混乱。ウォンは売られ、4年ぶり低水 準となった。投資家は1週間で9億ドル(約1070億円)余りの資金を韓 国株から引き揚げた。

原題:North Korea Agrees to Lift ‘Semi-State of War’ With South (1)(抜粋)