NY金:もみ合い後下落-中国懸念でプラチナ2年ぶり大幅安

24日のニューヨーク貴金属市場の金先物は下 落。逃避の買いと商品安に挟まれもみあう展開。プラチナ先物相場は約 2年ぶりの大幅下落。中国経済をめぐる不安で市場が揺れる中、商品需 要の見通しが後退した。

BMOキャピタル・マーケッツの商品トレーディング担当ディレク ター、タイ・ウォン氏は電話インタビューで、「きょうはプラチナの工 業的な側面が鮮明になっている」と指摘。「世界第2の経済国が劇的に 減速しているとして、ちょっとしたパニック状態になっているようだ」 と述べた。

プラチナ先物10月限は前週末比3.5%安の1オンス=991.50ドルで 終了。2013年6月以来の大幅下落となった。

金相場はもみ合い相場となった。金先物12月限は0.5%下落の1オ ンス=1153.60ドルで終了。一時は0.9%上昇する場面もあった。

銀は一時4.9%安。パラジウムは一時6.8%値下がりした。

原題:Platinum Drops the Most in Two Years on China Growth Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE