フィリピン株、約7年ぶり大幅安-技術的問題で一時取引停止

24日のフィリピン株式相場は下落。指標のフ ィリピン総合指数が約7年ぶりの大幅安となった後、技術上の問題から 取引が一時停止された。

フィリピン証券取引所のホセ・パルド会長は携帯電話向けのテキス トメッセージで、「システムのインターフェースに問題があった」と説 明し、指数急落を食い止めるために証取が介入したとの臆測を否定し た。

フィリピン総合指数は前営業日(20日)比6.7%安の6971.01で終 了。一時2008年10月以来の大幅下落となる場面もあった。株式売買は現 地時間午後2時5分(日本時間同3時5分)から45分ほど停止された。

原題:Philippine Bourse Halts Trade After Stocks Drop Most in 7 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE