中国CITIC:複数部門の上場検討-市場で過小評価と会長

中国の複合企業、中国中信(CITICリミ テッド)は複数の部門の上場を検討していることを明らかにした。

香港証券取引所への24日の届け出で中国中信の常振明会長は「当社 の非上場子会社の幾つかは高い潜在能力のある良質の資産を持ちながら 市場で過小評価されている」とし、「一つの解決策はこれらの事業を適 切なタイミングで上場させることだ」と説明した。

常会長はまた、傘下部門と他社との提携を検討する可能性もあると し、伊藤忠商事やタイのチャロン・ポカパン(CP)グループなど海外 企業の出資を受け入れた際も同様の考えがあったと付け加えた。

中国中信が24日発表した1-6月(上期)の純利益は前年同期 比46%増の377億香港ドル(約5880億円)だった。

原題:Citic Talks of Listing Units Just as Chinese Stocks Plunge (1)(抜粋)