中国人民元、12日以来の大幅安-株安の中で景気懸念強まる

更新日時

中国人民元は24日、対ドルで12日以来の大き な下げとなった。本土株が売られる中、取引終了に向けて上昇する切り 下げ以降2週間のパターンが崩れた。

上海総合指数は24日の取引を8.5%安で終了。中国経済の悪化に政 府の下支え策が歯止めをかけられないとの懸念を背景に、今年の上げを 失った。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、人民元は前週 末比0.25%安の1ドル=6.4044元で終了。取引終了前38分の間に0.1% 下げた。中国の大手銀行がドル売りで人民元を支える最近の傾向が見ら れなかった。

HSBCホールディングスのシニア為替ストラテジスト、王菊氏 (香港在勤)は「中国人民銀行(中央銀行)はこの日の取引の最後の30 分間にあまり介入しなかった」とし、「これがセンチメントに影響して いる」と述べた。

ブルームバーグのデータによると、香港オフショア市場の人民元は 現地時間午後6時7分(日本時間同7時7分)現在、前週末比0.8%安 の6.5055元。

原題:China’s Yuan Drops Amid Stock Selloff as Economic Concern Mounts(抜粋)