ブラジル選挙裁判事、ルセフ大統領の選挙資金疑惑で捜査要請

ブラジルの連邦選挙裁判所判事は21日、2014 年の大統領選挙でルセフ大統領の選挙資金の一部が国営のブラジル石油 公社(ペトロブラス)から流れた疑いがあるとして司法当局に捜査を要 請した。

メンデス判事は検察と連邦警察への捜査要請で、ルセフ大統領率い る労働者党がペトロブラスから法律で禁じられている間接的資金供与を 受けた形跡があると指摘。さらに同判事は、大統領選においてもペトロ ブラスを巻き込んだリベート疑惑の捜査で関係が取りざたされている企 業からも資金を受け取ったと述べた。゚゚

今回の捜査要請は、既に人気低迷と経済成長減速、弾劾要求に見舞 われている同大統領に一層の逆風となる可能性がある。

ルセフ大統領は昨年10月の大統領選で僅差で再選を果たした。選挙 で財務責任者だった大統領広報担当のエジニョ・シルバ氏は22日の電子 メールで、大統領選期間中の全ての資金は適法に受領したものであり、 大統領の選挙資金口座は高等選挙裁判所(TSE)で承認されていると 説明した。

原題:Brazil Judge Seeks Probe Into Rousseff’s 2014 Campaign Funds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE