中国株:上海総合指数、07年以来の大幅下落-香港株も安い

更新日時

24日の中国株式相場は下落。上海総合指数 が2007年以来の大幅安となった。政府の支援策も国内の景気減速が深刻 化しつつあるとの投資家の懸念を和らげるには至っていない。

上海総合指数は前週末比8.5%安の3209.91で終了。同指数は6月12 日に付けた高値から38%下落し、時価総額4兆ドル(約482兆円)余り が吹き飛んだ。

上海総合指数の構成銘柄中、中国神華能源(601088 CH)や中国船 舶重工(601989 CH)など800余りの銘柄が10%の値幅制限いっぱいの値 下がり。中国工商銀行(601398 CH)は9.7%安と、1月19日以来の大幅 な下げ。中国農業銀行(601288 CH)は9.3%安。

君康人寿保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「中国経済 はかなりひどい状態で、バブルとなっているセクターも一部ある」と指 摘。「世界中の市場での売り圧力も国内のセンチメントを圧迫してい る。上海総合指数は3000の水準付近に下落する可能性がある」との見方 を示した。

香港市場では、中国本土企業から成るハンセン中国企業株(H株) 指数が5.8%下落し、14年3月以来の安値で引けた。ハンセン指数 は5.2%安。

原題:China’s Stocks Sink Most Since 2007 as State Intervention Fails(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE