「恐竜」銀行にうんざり?-バンカーらしくない29歳にお任せ

トム・ブロムフィールド氏は典型 的なバンカーには見えない。典型的な銀行を作りたいとも思っていな い。7月のある暑い午後、同氏はロンドンの金融街シティーにあるイン グランド銀行(英中央銀行)から出てくるとすぐ、スーツの上着を脱い だ。29歳の同氏はスーツを着るタイプではない。シティーよりもクラー ケンウェルの仕事場にさっさと戻ってビールで乾杯したい。

新興企業モンドの最高経営責任者(CEO)であるブロムフィール ド氏は、中銀と英金融行動監視機構(FCA)の当局者8人に取り囲ま れ2時間にわたって質問攻めにされてきたところだ。当局者らはスマー トフォン銀行のモンドがどうやって顧客を集めるのか、採算は取れるの かなどを聞きたがった。ブルームバーグ・マーケッツ誌10月号が報じて いる。

資本や流動性計画を説明した250ページの申請書類をじっくり読ん でから当局者らは、なぜ銀行を開きたいのかブロムフィールド氏を問い 詰めた。「典型的なバンカーのようには見えないが」と当局者らはいぶ かしがったと、モンドのデニス・キングスミル会長が面談の様子を振り 返った。ブロムフィールド氏は待ってましたとばかりに答えたという。 「新しいタイプの銀行を作りたいと伝えたんだ」と同氏は語った。

既存の大手銀行に同氏が抱く不満は多くの消費者と同じだ。口座開 設や融資申請のための事務作業に何時間もかかる、海外でクレジットカ ードを使うと法外な手数料を課される、当座借越をしてもそうだし、モ バイルアプリケーションは総じて使いにくい。ブロムフィールド氏は 「目を覚ませば『私が使っている銀行はひど過ぎる。まるで恐竜だ』と 思うよ」と話し、「私も家族も友人も、みんな苦労している。誰だって 銀行を使わなければならないのに全くなっていない」と手厳しい。

銀行業界のグーグルかFB

同氏はモンドを銀行業界のグーグルやフェイスブックのような存在 にしたい。銀行口座を電子メールのように使いやすくしたいのだ。「携 帯電話があればなんでもでき、しかも5秒でできることに価値を見いだ すような人を顧客層に考えている」という。

ブロムフィールド氏とキングスミル氏は、既存の銀行の口座を使い やすくするおしゃれなアプリケーションを考えているのではない。米国 ではシンプル・ドット・コムがバンコープ・バンクと、ドイツではナン バー26がワイヤーカード・バンクと組んでそのようなビジネスモデルを 展開している。しかしモンドは中銀の健全性監督機構(PRA)から銀 行免許を取得し、来年にも預金を受け入れ融資を行う金融機関になるつ もりだ。

モンドが当局からお墨付きを得た場合、それは一つにはオズボーン 英財務相のおかげかもしれない。同財務相は昨年の講演で、「ロンドン を世界のフィンテク(金融テクノロジー)の中心にしたい」と語ってい た。今年3月には、向こう5年で少なくとも15の新たな銀行免許を英中 銀が出すべきだと述べた。

遅れてはいたものの

英国ではこれは遅過ぎたくらいだ。国内の6500万の個人当座預金口 座の77%が、バークレイズ、HSBCホールディングス、ロイヤル・バ ンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)、ロイズ・バンキン グ・グループの4大銀行にある。選択肢の少なさを顧客は喜ばしく思っ ていない。コンサルティング会社アクセンチュアの2014年の調査で、自 分が使っている銀行に満足しているという回答は60%にすぎなかった。

英国での銀行開業は信じられないほど難しかった。2010年に開いた メトロ銀行は100年ぶりの新銀行。同行のように店舗のある銀行にとっ てもモンドのようなデジタル銀行にとっても、免許申請プロセスは今で ははるかに簡単になっている。

「英当局は米国よりもはるかに進歩的でオープンだ」と語るのはパ ッション・キャピタルのパートナーで米国人のアイリーン・バービッジ 氏だ。同社は4月にモンドの起業向けに200万ドル(約2億4500万円) を出した。「最先端のフィンテクをするならロンドンだ」と同氏は述べ た。

人が欲しがるものを作れ

ブロムフィールド氏は11年にシリコン・バレーで起業を支援するイ ンキュベーターのY・コンビネーターに勤め、ここで多くを吸収した。 今でも時々、同社のモットー「人が欲しがるものを作れ」がプリントさ れたTシャツを着る。オックスフォード大学で法律を学んだ同氏は他の 卒業生らとともに、企業の集金システムを提供するゴーカードレスを設 立した。同システムは現在、年間10億ドルを処理している。

ゴーカードレスが軌道に乗った後、ブロムフィールド氏は消費者向 け銀行に目を付けた。アライド・アイリッシュ銀行の元オペレーション 責任者のポール・リッポン氏を最高リスク責任者(CRO)、みずほイ ンターナショナルの元最高財務責任者(CFO)のギャリー・ドルマン 氏をCFOに据えるなど、金融の専門家と手を組んでモンドを起業し た。

テクノロジーは今、われわれの生活のあらゆる側面に入り込んでい るが、消費者向け銀行だけは全く進化していないとブロムフィールド氏 は言う。銀行は一定期間ごとに残高や引き出し、引き落としの記録を提 供するが、リアルタイムのデータや支出と貯蓄について分析するのに役 立つツールなどは提供しない。ブロムフィールド氏の銀行は、口座残高 が800ポンド(約15万4000円)のマイナスになっていることを2週間後 にしか通知せず、しっかりと20ポンドの利息を徴収した。「折あらば顧 客から金を取ろうとする」と同氏は苦言を呈した。

モンドのアプリケーションは、何かあれば警告してくれる。1日に いくら使ったかや借越になっていることを通知してくれるし、給料日ま で500ポンドを借りる必要がある時はその利息が幾らになるかをあらか じめ計算してくれる。黙って徴収した後で通知したりはしない。

共同創業者で顧客担当責任者のジェイソン・ベーツ氏(43)が試験 中のアプリケーションを見せてくれた。妻と食事をしたばかりだった同 氏の携帯電話には、モンドカードで使った金額と使った場所の地図がも う表示されていた。財布を落としてカードを紛失した時は画面をスワイ プするだけでカードを無効にでき、見つかったらすぐにまた有効にする ことができる。しばらく禁酒するためにカードをパブで使えないように することさえ可能だという。

原題:Hate Your Bank? Mondo Phone App Targets U.K. Big Four Lenders(抜粋)