南北高官がマラソン協議、進展兆候なし-北朝鮮軍の動き活発化

更新日時

韓国と北朝鮮は両国の緊張緩和に向け23日午 後3時半から板門店で高官協議を再開したが、交渉は長引き、24日午前 9時半を過ぎても続いている。北朝鮮の金正恩第1書記は人民軍の動き を活発化させた。

ソウル時間24日午前9時半(日本時間同じ)現在で協議は18時間に 達したが、進展の兆候は見られない。22日から23日未明にかけても10時 間の協議が行われていた。韓国の聯合ニュースは24日、北朝鮮が水陸両 用の揚陸艇を配備したと、軍関係者の情報を基に報じた。

韓国のチュン・ヘラン大統領報道官は電話で、朝鮮半島が重大な危 機に直面しているとの共通の認識の下、当局者が「長時間厳しい交渉」 を行っていると述べた。

韓国軍の当局者によると、北朝鮮の潜水艦の3分の2強が基地を離 れ、前線の砲兵部隊は2倍の兵力となっている。

協議が長引く中、韓国ウォンは4年ぶり低水準となり、韓国株の指 標、韓国総合株価指数は6営業日続落で始まった。

米タフツ大学のイ・スンユン教授は「リスクを増大させ主導権を握 ること、すなわち挑発に対し大国が何もできず交渉の開始を望むように することが、北朝鮮の長年行ってきた作戦だ」と電子メールで指摘し た。

韓国国防省によると、北朝鮮は20日午後、南北軍事境界線の南側に 向けて砲弾を撃ち込み、韓国も応戦した。その後、北朝鮮は48時間以内 に軍事境界線付近での宣伝放送を中止しないと悲惨な結果を招くと警 告。22日に高官協議が始まる中、同期限が過ぎた。

原題:Marathon Korea Talks Continue as Kim Steps Up Mobilizations(抜粋)

--取材協力:Jungah Lee.