中東株が全面安、投資家は世界株安を警戒-サウジ株弱気相場

中東株は23日に全面安となり、他の地域の投 資家も再び世界株安につながると警戒を強めている。

サウジアラビア株の指標、タダウル全株指数は23日、弱気相場入 り。ドバイ金融市場総合指数は今年最大の下げを記録した。エジプトの EGX30指数はこの3年で最大の下落で、今年の主要株式市場で2番目 に悪いパフォーマンスとなった。イスラエルのテルアビブ25種指数は約 4年ぶりの大幅下落。

シュローダーズのフロンティア・マーケッツ・インベストメンツ責 任者、ラミ・シダニ氏(ドバイ在勤)はサウジの弱気相場について、 「中東の投資家に大きな意味を持つ」とした上で、「新興市場に原油安 やボラティリティ(変動性)拡大がダメージを与えており、これは全て の湾岸市場を襲う嵐だ。原油市場が比較的安定化するまで湾岸全域の高 いボラティリティ継続を目にするだろう」と説明した。

原題:Mideast Stocks Rout Signals No Let-Up in Emerging-Market Selloff(抜粋)