【ECB要人発言録】ECBの量的緩和を継続-ノボトニー氏

8月17日から23日までの欧州中央銀行 (ECB)要人らの主な発言は次の通り(記事全文は発言者の氏名をク リックしてください)。

<8月20日> ノボトニー・オーストリア中銀総裁(ウィーンで):(中国人民元切り 下げについて)断言するには時期尚早だが、状況を劇的に表現するべき ではない。他の国々に影響を与えており、世界経済にとって重要な地域 である東南アジアで少し混乱が生じている。

ノボトニー・オーストリア中銀総裁(ウィーンで):インフレが大幅に 調整されたとECBが判断するまでは、いかなる状況でも毎月600億ユ ーロ規模の量的緩和を継続する。

ヌイ単一監督メカニズム(SSM)議長(フィンランド放送協会 (YLE)とのインタビューで):(2016年ストレステストの)実施規 模を決める上で欧州銀行監督機構(EBA)の基準を適用する。個人的 見解では、このようなストレステストに最適規模である約50行から60行 が対象になるだろう。

前週の発言録はここをクリックしてください。