欧州マーケットサマリー:ストックス600調整入り、伊国債続落

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1364   1.1242
ドル/円            121.88   123.40
ユーロ/円          138.49   138.72


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   361.28    -12.16    -3.3%
英FT100      6,187.65   -180.24   -2.8%
独DAX      10,124.52   -307.67   -2.9%
仏CAC40     4,630.99   -152.56   -3.2%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .25%        +.00
独国債10年物     .56%        -.02
英国債10年物     1.69%       -.07


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,156.50    +8.80     +.76%
原油 北海ブレント         45.20     -1.42    -3.05%

◎欧州株:ストックス600、調整局面入り-中国懸念で3日続落

21日の欧州株式市場では指標のストックス欧州600指数が3営業日 続落。過去最高値からの下落率は13%に達し、調整局面入りした。

英FTSE100指数は20日に調整局面に入った。西欧市場では18カ 国のうち13カ国で、主要株価指数の高値からの下落率が10%以上とな り、ドイツのDAX指数は18%下げている。

先週の中国人民元切り下げをきっかけとする株安は勢いを増し、米 国株にもついに波及。一方、安全とされる金や円は買われている。

MPPM(独エップシュタイン)で資産運用に携わるギレルモ・ヘ ルナンデス・サンペレ氏は、「中国は巨大な像で、動けば大きな勢いを 生じさせる」とし、「市場のセンチメントは間違いなく今年最悪の時期 にネガティブに変わった。8月は出来高が極めて小さいため、動きが増 幅される月であるためだ」と語った。

ストックス600指数が過去最高値を付けた4月以降、業種別指数で は商品銘柄が最も売られ、26%値下がりしている。スイスのグレンコア は今週、過去最安値を更新。第1四半期好調だった自動車銘柄や化学株 などの輸出銘柄も4月の時点から大幅に下げている。元の実質切り下げ で世界経済の力強さをめぐる懸念が高まった。

原題:Worst Rout for Europe Since ’11 Pushes Stoxx 600 to Correction(抜粋)

◎欧州債:イタリア債続落、中国とギリシャ懸念でリスク意欲後退

21日の欧州債市場ではイタリア国債が続落。中国の製造業活動を測 る8月の民間指標が約6年半ぶりの低水準となったことで、高リスク資 産の需要が後退した。

イタリア10年債の同年限のドイツ国債に対する利回り上乗せ幅(ス プレッド)は約5週間ぶりの水準に拡大。ギリシャのチプラス首相は20 日、解散総選挙をにらんで辞意を表明した。アジア株安と商品相場の下 落に伴って安全資産を求める動きが強まり、ドイツ10年債利回りは6月 以来の低水準に下がった。

ラボバンク・インターナショナルのシニア市場エコノミスト、エル ウィン・デフロート氏(ユトレヒト在勤)は「欧州経済への影響波及に 関する懸念がいろいろある」とし、「中国や新興市場で起きている状況 からギリシャに不透明感が戻ったことまでを背景に、周辺国債のドイツ 債に対するスプレッドが拡大した」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時48分現在、イタリア10年債利回りは前日比4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.86%。同国債(表 面利率1.5%、2025年6月償還)価格は0.33下げ96.875。

欧州債の指標であるドイツ10年債に対するスプレッドは130bpに 拡大し、先月14日以来の大きさとなった。独10年債利回りは前日比2b p低下の0.56%。これは6月2日以来の低水準。

ギリシャ債は4日連続で値下がりし、10年物利回りが22bp上昇 の9.77%。2年債利回りは59bp上げ13.37%。

原題:Italy’s Bonds Slide for Second Day on China Turmoil, Greek Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE