中国製造業の景況感、6年半ぶり低水準-8月の財新PMI

更新日時

中国の製造業活動を測る8月の民間指標は予 想に反して低下し、約6年半ぶりの低水準となった。世界2位の経済大 国である中国の景気減速に歯止めをかけるには一段の政策支援が必要な ことを示した。

財新伝媒とマークイット・エコノミクスが21日発表した8月の中国 製造業購買担当者指数(PMI)速報値は47.1。市場予想中央値 は48.2、7月改定値は47.8だった。同PMIは50を下回ると、製造業活 動の縮小を表す。

みずほセキュリティーズアジアのアジア担当チーフエコノミスト、 沈建光氏(香港在勤)は、「景気刺激策がまだ製造業を押し上げるには 至っていない」と指摘。「8月と9月は中国経済にとって最も暗い時期 になるかもしれない。地方政府に供給された資金が実際に使われる10 -12月期(第4四半期)に持ち直しが見込まれる」とコメントした。

野村ホールディングスの中国担当チーフエコノミスト、趙揚氏(香 港在勤)は、「一連の景気刺激策は現時点で十分でない」と分析。「政 府が新たな景気支援策を講じなければ、中国経済の減速が続くことにな るだろう」と話した。

趙氏によれば、株高が1-6月(上期)の国内総生産(GDP)成 長率に寄与してきたものの、7-12月(下期)はこうした支えが見込め ず、中国経済に下押し圧力がかかる。中央政府は地方政府の債務を地方 債へとさらに切り替えていく必要があり、中国人民銀行(中央銀行)は 預金準備率または政策金利を引き下げる必要があるだろうと述べた。

原題:Chinese Factory Gauge Drops to Lowest Level Since March 2009 (2)(抜粋)

--取材協力:Enda Curran.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE