NY金:続伸、週間で7カ月ぶり大幅高-パラジウムは大幅安

21日のニューヨーク金先物相場は続伸。週間 では7カ月ぶりの大幅高となった。世界的な株安で逃避の買いが集まっ た。一方でパラジウムは6週ぶりの大幅安。中国輸入の減少を受けて需 要不安が広がった。

TDセキュリティーズのシニア商品ストラテジスト、マイク・ドラ ゴシツ氏(トロント在勤)は中国の輸入統計について電話インタビュー で、「製造業と自動車販売の減少トレンドがパラジウム需要を圧迫して いることが鮮明になった」と指摘。「中国での需要低下はパラジウムの 状況をひどく悪化させている」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.6%高い1オンス=1159.60ドルで終了。週間では1月16 日以来で最大の4.2%高。

パラジウム先物9月限は3%下げて604.45ドル。7月7日以来の大 幅安。銀とプラチナも下落した。

原題:Palladium Posts Biggest Decline in Six Weeks While Gold Rallies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE