米セントルイス連銀総裁:原油安は問題視せず、経済を楽楽観

米セントルイス連銀のブラード総裁は原油 が2009年以来の安値に下げる状況においてもなお、米国や世界の経済見 通しへの楽観に変わりはないと述べた。

ブラード総裁はシリウスXMビジネスラジオのインタビューで、 「世界の成長をめぐる多くの不安要素があり、その多くが中国発である ことは承知している」とした上で、「そうした側面に関して、私は恐ら く市場よりも楽観的だ」と続けた。

このほか総裁は、株式市場の動きに金融当局が直接反応することは ないと説明した。米S&P500種株価指数は、このままいけば週ベース で3年ぶりの大幅安となる。

ブラード総裁は「経済成長の面では、見通しは比較的良好であ り」、下期の成長は「潜在成長率を上回る」可能性が高いと発言。「こ こ2年間、米労働市場の状況は極めて順調だ」と加えた。

総裁は失業率について、連邦公開市場委員会(FOMC)が完全雇 用とみなす水準の下限である5%を下回る可能性は高いとの認識を示し た。

このほか、金融当局が金融市場の動きに直接反応することはないと した上で、経済の見通しが変化した場合はその影響を受けると発言。原 油相場が09年以来の安値に下げたものの、過去1年間における下落の大 半は、世界的な需要低下というよりも供給増加が原因だとの見解を示し た。

総裁は「私はこれまで、ゼロ金利を長く維持し過ぎることの危険性 について述べてきた」とし、インフレ率については、資源価格下落に伴 う一過性の影響がなくなれば、当局の目標である2%に戻っていくと引 き続き確信していると述べた。

金融政策については「FOMCは何も決定していない」とし、「労 働市場ではたくさんの進展が積み重ねられており、原油価格の下落は問 題にしなくても大丈夫だ」と述べた。

原題:Bullard Says He’ll Look Through Oil’s Drop as Labor Market Heals(抜粋)