北朝鮮、境界線沿いにロケット発射装置配備-「戦時状態」入り

緊張が高まっている朝鮮半島では21日、北朝 鮮から攻撃の警告を受けた韓国が高レベルの警戒態勢を続けている。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、南北軍事境界線に沿っ て朝鮮人民軍が「複数のロケット発射装置」を配備し、「戦時状態に入 った」と伝えた。金正恩第1書記は韓国に対し、ソウル時間22日午後5 時半までに非武装地帯での対北宣伝放送を停止しなければ、さらなる攻 撃に見舞われると警告している。

21日の韓国金融市場では株価が2年ぶり安値に下げたほか、通貨ウ ォンも0.8%安となった。中国は懸念を表明し、対立が激化しないよう 両国に自制を求めた。

北朝鮮外務省はこの日、KCNAを通じて発表した声明で「状況 は、後戻りできない戦争の瀬戸際にある」とし、「わが国は何十年も自 制してきた。もはやいかなる者からの自制の呼び掛けも、この状況の改 善を助けることはできない」と言明した。

原題:North Korea Moves Rocket Launchers as Kim Puts Army on War Alert(抜粋)

--取材協力:Sangwon Yoon.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE