21日のインド株式相場は下落。指標のS& P・BSEセンセックスは週間ベースでここ2カ月で最もきつい値下が りとなった。新興市場の資産が売りを浴びる中、海外勢はインド株保有 を縮小している。

インド最大の産銅会社ベダンタは2009年3月以来の安値まで売り込 まれた。世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズ と国内最大のエンジニアリング企業、ラーセン・アンド・トゥブロはと もに2カ月ぶり安値を付けた。携帯電話サービスのブハルティ・エアテ ルは5カ月ぶりの低水準となった。

センセックスは前日比0.9%安の27366.07で取引を終了。一時 は1.7%下げた。週間ベースの下落率は2.5%に達した。海外勢による8 月のインド株売買動向は2億6000万ドルの売り越しとなってる。

MSCI新興市場株指数は今週5.5%下落。米利上げ観測に加え、 中国の人民元切り下げで通貨戦争の懸念が強まったためだ。

原題:India Sensex Drops to Two-Month Low With Rupee on Global Selloff(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE