香港ハンセン指数が下落、弱気相場入り-世界同時株安の中で

21日の香港株は下落し、弱気相場入りとなっ た。世界的な株安が進行する中で、中国の製造業活動を測る8月の民間 指標が金融危機以降で最も低くなったことで世界経済の先行きをめぐる 懸念が広がった。

ハンセン指数は前日比1.5%安の22409.62で終了。4月28日に付け たピークからの下落率が21%に達した。同指数は終値ベースで昨年5月 以来の安値。

中国本土企業から成るハンセン中国企業株(H株)指数は前日比 2%下落。ハンセン不動産指数は13営業日続落と過去最長の下落局面と なり、香港不動産市場の割高感をめぐる懸念が強まっている。

長江実業地産(1113 HK)が3.6%安、テンセント・ホールディング ス(騰訊、700 HK)は3.4%下落、中国建設銀行(939 HK)が2.2%安と 下げの中心となった。レノボ・グループ(聯想集団、992 HK)やクンル ン・エナジー(昆侖能源、135 HK)、香港取引所(388 HK)も売られ た。

原題:Hong Kong Stocks Tumble Into Bear Market Amid Global Selloff(抜粋)