ユーロ圏:8月の製造業・サービス業が勢い増す-ドイツけん引

ユーロ圏経済は8月に勢いを増し、域内の製 造業・サービス業活動を示す指数が約4年ぶり高水準に近づいた。ドイ ツの改善が追い風となった。

英マークイット・エコノミクスが21日発表したユーロ圏の製造業と サービス業を合わせた総合購買担当者指数(PMI)速報値は54.1と、 7月の53.9から上昇し、6月に付けた4年ぶり高水準に接近した。ブル ームバーグがまとめたエコノミスト調査の中央値では53.7が見込まれて いた。同指数は50が活動拡大・縮小の分かれ目。

経済規模で域内最大のドイツで製造業PMIが2014年4月以来の高 水準に達したことが、ユーロ圏総合PMIを押し上げる一因となった。 フランスの製造業PMIは2カ月連続の活動縮小を示したが、失望を誘 うこの影響をドイツの好調さが和らげた。

マークイットのシニアエコノミスト、ロブ・ドブソン氏は「ユーロ 圏は引き続き、経済成長と雇用創出の面で過去4年で最高の部類の局面 にある」と指摘。発表されたPMIは7-9月(第3四半期)の成長率 が約0.4%であることを示唆し、4-6月(第2四半期)の0.3%を上回 るため、域内経済には「弾力性」があると付け加えた。

発表によれば、8月のユーロ圏製造業PMIは52.4と、前月から変 わらず。サービス業PMIは54.3で、7月の54.0から上昇した。

原題:German Factory Growth Puts Euro-Area Recovery Back on Track(抜粋) Eurozone August Flash Services PMI: Summary(抜粋) Eurozone August Flash Manufacturing PMI: Summary(抜粋)