地球の平均気温:今年は2年連続で過去最高を更新の見込み

太平洋でエルニーニョ現象が強まり気候変動 の影響で世界の気温が上昇する中、地球の平均気温が今年、昨年記録し た過去最高を突破するのはほぼ確実とみられている。

米国立環境情報センターによれば、昨年の年間平均気温は20世紀の 平均をセ氏で約0.7度上回り、記録が残っている1880年以降で最高を記 録した。1-7月の状況を見ると、今年は昨年を上回る見通しだ。

同センターで勤務するERTの気候学者、ジェシカ・ブランデン氏 は「地球は温暖化しており、エルニーニョ現象が世界の気温を押し上げ ている」と指摘。「今年の平均気温が来年を下回る可能性は次第に低下 している」と述べた。

昨年の年間平均気温は21世紀に入って3回目の過去最高更新とな り、38年連続で20世紀の平均を上回った。これまでで最も気温が高かっ た上位10年のうち9年は2002年以降となっている。

ブランデン氏によれば、今年最高を更新すれば、2年連続での過去 最高は1997-98年以来となる。

原題:Earth 0n Track for Back-to-Back Records for Highest Temperatures(抜粋)

--取材協力:Christopher Martin.