【個別銘柄】黒田電やマイナンバー関連下落、ダイキニシ上昇

更新日時

21日の日本株市場で、株価変動材料のあった 銘柄の終値は次の通り。

黒田電気(7517):前日比8.3%安の2350円。21日の臨時株主総会 で、社外取締役に村上世彰氏ら4人の選任を求める議案が反対多数で否 決された。同議案は6月に世彰氏の長女で村上絢氏が最高経営責任者 (CEO)を務めるC&Iホールディングスが提出。資本政策や成長戦 略に改善の余地があり、株主に対し今後3年間の利益100%還元や電子 部品業界の再編を黒田電がリードし、企業の合併・買収(M&A)を積 極展開するよう求めていた。

マイナンバー関連:ITbook(3742)が3.8%安の1086円、大 塚商会(4768)が3.7%安の6550円、オービック(4684)が2.8%安 の5620円、ジャパンシステム(9758)が2.4%安の691円など。政府は基 礎年金番号との連結を当面延期する調整に入った、と21日付の日本経済 新聞朝刊が報道。延期期間は半年から1年で検討しているという。来年 1月から始める予定だったが、日本年金機構の情報流出問題を受け安全 な体制が整うまで見送るとしている。

双葉電子工業(6986):6.8%安の1722円。三菱UFJモルガン・ スタンレー証券は20日、業績拡大ペースがやや遅延すると指摘し、2016 年3月期の連結営業利益予想を49億円から30億円(会社計画47億円)に 下方修正した。車載向けタッチパネルは順調に拡大している一方で、ウ ェアラブル向け有機ELディスプレイ(OLED)は横ばい圏が継続す ると分析。生産器材事業では韓国向けの不振を背景に収益性が悪化傾向 にあるとも指摘した。

ダイキョーニシカワ(4246):1.9%高の5800円。クレディ・スイ ス証券は20日付で目標株価を4600円から6900円に引き上げた。高付加価 値樹脂製品の受注は依然堅調で、海外拠点の台数拡充や生産改善で収益 モメンタムは持続すると分析。同社株価は現在まで堅調な伸びをみせて おり、第2四半期決算時にはさらなる上昇局面を迎えると予想した。同 証による2016年3月期の連結営業利益予想を128億円から146億円(会社 計画137億円)、17年3月期を144億円から162億円に上方修正した。

日立建機(6305):2.1%安の1874円。建設・採鉱機械メーカー最 大手の米キャタピラーの7月(5月からの3カ月ベース)の機械販売は 前年比11%減少した。アジア太平洋の7月の販売は25%減と6月の19% 減からマイナスが拡大した。

テクマトリックス(3762):150円(17%)高の1031円でストップ 高。発行済み株式総数の31.24%、金額にして35億円を上限に自己株取 得を行うと20日に発表。うち28.59%を筆頭株主の楽天から取得する。

シグマクシス(6088):100円(19%)高の616円でストップ高。サ イバーセキュリティーソリューションを提供する米イージー・ソリュー ションズ社と提携する、と20日に発表。イージー社の各種ソリューショ ンを日本で販売するほか、金融機関での顧客預金の不正引き出しを防御 する不正行動検知で共同サービスの提供も開始するとした。

ネクスト(2120):6%高の775円。7月の売上高は前年同月 比58%増の19億6865万円となった、と20日に発表。主力の国内不動産情 報サービス事業は2割強伸びた。

CKD(6407):4.7%安の1173円。岩井コスモ証券は20日付で投 資判断を「A(アウトパフォーム)」から「B+(中立プラス)」に引 き下げた。主要事業である機器事業で4割弱の売り上げを占める半導体 産業への製品販売が、上期は好調だが下期に減速懸念が増大すると分析 した。

ザインエレクトロニクス(6769):6.7%高の1696円。車載のフル HD液晶表示制御用LSI新製品が国産車純正品に採用され、販売が開 始されたと21日に発表した。

デザインワン・ジャパン(6048):2.6%高の5640円。中小企業向 けソーシャルメディアマーケティングツールを提供するイスラエルのア ップフォーマ社と業務提携すると20日に発表。同社のツール 「Appforma」の日本での独占的販売権がデザインワンに供与される。

東邦金属(5781):30%高の163円。日刊工業新聞は21日、同社が 熊本大学と共同でマグネシウム(Mg)を主成分とした合金で髪の毛の 太さの半分程度のワイヤを作る技術を開発した、と報道。精密溶接や金 属3Dプリンターなどの原料としての用途が見込めるとした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE