米石炭業界の労働者、数万人が失業-シェールガス革命で

米石炭業界は壊滅状態にあり、影響が広がっ ている。企業破綻や発電所の操業停止が相次いでいるほか、最も深刻な のは炭鉱労働者の失業だ。

とどまる所を知らない石炭価格下落が始まった2011年以降、資金繰 りに苦しむ石炭業界は年間約1万人を削減。これは、生産性の高い鉱業 機械が普及して労働力需要が減少した1980年代と90年代初め以降、類を 見ない削減ペースだ。

ただ、今回は米国の石炭生産は増加ではなく減少している。中国の 石炭輸入鈍化がその一因だが、より大きな要因は安価な天然ガス供給の 急増だ。ガスが発電所向け燃料のうち石炭のシェアを奪っており、その 状況は今後も続くと予想される。

ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ウィリアム・フ ォイルズ氏とアンドルー・コスグローブ氏は最近の文書で、「シェール 革命によって天然ガス価格がかなり低下したため、電力会社が燃料を切 り替えるのは理にかなっている」と指摘。「炭鉱労働者の失業は今後も 増加する可能性が高い」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE