カーター元米大統領:がんの脳転移を公表-非政府活動縮小へ

カーター元米大統領は脳に転移した悪性黒色 腫の治療を受けるため、非政府組織(NGO)であるカーター・センタ ーでの活動を減らすことを明らかにした。今月3日に一部の摘出手術を 受けた肝臓の悪性黒色腫の転移が医師団によって見つかった。

カーター・センターが20日の記者会見後に発表した文書によると、 元大統領(90)はメルクの新抗がん剤「キートルーダ」による治療を3 週間ごとに4回受ける予定。20日には放射線照射治療も受けたという。 今後の放射線治療は予定されていない。

原題:Carter Says He’s Being Treated for Cancer in Brain (Correct)(抜粋)

--取材協力:Laurence Arnold、Michael Buteau、Drew Armstrong.