防衛省:概算要求は過去最大の5兆911億円-島しょ防衛など重視

防衛省は2016年度予算の概算要求で過去最大 の5兆911億円を計上する方針。同省が作成した資料をブルームバーグ が関係者から入手した。15年度予算比では2.2%増。島しょ部に対する 攻撃への対応や周辺海空域における安全確保などを重視している。

島しょ防衛に関連しては、新型輸送機オスプレイ12機に1321億円、 機動戦闘車36両に259億円を取得費用として計上。機種選定中の新空中 給油・輸送機の取得も盛り込んだ。鹿児島県・奄美大島と沖縄県・宮古 島に南西警備部隊を配置するための費用としては190億円。周辺海空域 の安全確保では、イージス艦1隻の建造費用として1675億円を計上して いる。

概算要求額は新たな政府専用機の導入経費などを除くと実質4 兆9299億円となる。